ちいさな家の中に

ちいさな家の中に
回想から生まれた人格が
さわさわと

足、奇異な柱底
腕、理解されることのない痛み
燃え殻の
たったひとりのひとつまみ

そのひとは
あまりの愛おしさに
白いお骨をぱくりと
食べてしまった

悲しみというものが
蘇ってきて
びっくりしてしまって
泣いていた、
きれいな光の壷の中で

ちいさな家の窓から
静かな魂のかたちをした灯りが、
窓々から
午後十時の集合住宅の漁り火が、
それぞれに
ぱちぱちと
[PR]
by betorium | 2005-09-30 23:54 |
<< 大群 光跡 >>