行くだけ

時は後ろ側の空に
まだ舞っているけれど
風は行ってしまった

取り残されて
あとは眠るだけ

甘い夢の虚ろさの中で
ぼんやり待ってみるけれど
そこにはやってこない

さっさと目覚めて
あとを追うだけ

冷たくなっていく空に
ぶらさがってかわっていく
若々しい果実

少し仰いで
さきに行くだけ
[PR]
by betorium | 2005-10-20 00:01 |
<< 猫 煮玉子 >>