空洞

見上げた鉄の床板の
隙間の上を自動車と共に日常が通り過ぎて行く
のが透けて見える、遥か上の方から
太陽の光が木漏れ日のように
落ちてくるから
雨が降れば雨も落ちてくると思う
のだが想像できない、遥かなほどの大きさの
この空洞の中を
ごとんごとんと厳かに列車が資材を運んでいる
[PR]
by betorium | 2006-04-06 23:30 |
<< 測量士 座屈 >>