くすんだ緑の

くすんだ緑の
鉛筆の芯を削って飴色の机の上に並べた。
適正な
細さというものがある。
相対的なものでなくそのものに
相応しい量。
弱い力や
強い力によって定められたその線を捉える。
かみのけのような。
[PR]
by betorium | 2006-04-23 03:09 |
<< 毎日 測量士 >>