琥珀

哺乳類 の 愛情が 腰掛けて
窪んだ
草むら。 の中に 、空 洞 が
崩れ 落ちた 。 樹液の
中に 閉じ 込め られた 小虫=
『比喩」が』 息と息との
間へ 降りて 行く 。結果/
それを、きれいだ
と、言っている 。誰かだった 。
誰かだった 琥珀、
琥珀色 。
[PR]
by betorium | 2006-07-22 02:29 |
<< 曇り空 ありがとう、ガソリンスタンドのひと。 >>