辞書

数カ国語のしっかりとした辞書が陳列されている、その棚のある都会のすぐ隣には暗闇があり、巨大な天の川が縫い付けられている。
兎のような犬を連れた異邦人が仰ぎ見て、恐れ入りながらもその流れに異議を差し挟むのだが、何も変わらぬ希望あるいは絶望の雫が、そのミシン目からこぼれ落ちつづけている。
[PR]
by betorium | 2007-05-05 22:21 |
<< 冷えて眩しいもの ネグセ >>