鉄路

憎しみに変わる前に
悲しみが立ち尽くしたから
その機を逃さず泣いた

きれいな涙に憧れていた
頑固な鉄路の
乾いた錆の純情
[PR]
by betorium | 2004-09-06 00:17 | 詩(読者選)
<< シャワー 話す >>