<   2004年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧
言い訳

糠星の塵を竹箒で掃く
引っ掻き跡の言い訳は
愚直な純度に欠けていた
皿の縁をいつまでもまわっている
蟻をぼんやり見ながら反省してる
[PR]
by betorium | 2004-06-30 00:15 |
ひらひらの

燻る灰のひらひらの
蒸発しそうに軽薄な
止まれ話せと言う僕が
黙れ眠れと言う僕が
夜明けの蝶のひらひらの
青い霞の風をみて
好きだ好きだと言う君と
生きろ生きろと言う君と
[PR]
by betorium | 2004-06-29 00:01 |
痕跡

言葉にならない
誰かの心の痕跡を数える
笑っていたかもしれない
凹んでいたかもしれない
今日の痕跡を数える

言葉にならない
私の心の痕跡を印す
会ったことのない誰かの
うつくしい心のページに
こっそりと今日を印す
[PR]
by betorium | 2004-06-28 00:00 |
忘れて居る

彷徨っている 今も
忘れて居る この部屋に
忘れて居られるから
彷徨っている 明日も
忘れて居る この部屋に
[PR]
by betorium | 2004-06-27 00:01 |
ミヨシ

沖へ出るなら闇夜がいい
冷えた山から海原へ吹く
夜風に眩しい帆をさして
ミヨシは涙を砕いて進め
[PR]
by betorium | 2004-06-26 00:01 |
誰か

ひとりで苦しみを背負っていたら
悲しみをどこかに置き忘れてきてしまった
かわりに誰かが泣いていた
[PR]
by betorium | 2004-06-25 00:01 |
なまくら

なまくらな臭覚 にわか雨が差す
凝視するべき道は 記憶ではない
足で歩くこの泥道
[PR]
by betorium | 2004-06-24 00:02 |
笹舟

吊り橋のそらのきしむ響きが
球面の流れにたくさんの笹舟を浮かべさせた
祈りを込めて押し出す円弧が
闇にそまった音階に星の光を導くように
[PR]
by betorium | 2004-06-23 00:05 |
間の悪い男が俺だ

悪かったな 邪魔して
間の悪い男が俺だ
俺が歩くと 鎌イタチが追ってきます
知ってるか? 鎌イタチって

悪かったな 一言多くて
間の悪い男が俺だ
俺が話すと 真空飛び膝蹴りがオマケに付いてきます
知ってるか? 真空飛び膝蹴りって

教えてやりたいけど教えてやらない
だってどうせ知ってるんだろ?
悪かったな 邪魔して
間の悪い男が俺だ
[PR]
by betorium | 2004-06-22 00:03 |
在りの儘の

在りの儘の君が居て 在りの儘の僕が居た
他に望む事なんて 本当は何も無かった
泣いて居ても 笑って居ても
絶望に打ち拉がれて居ても
在りの儘の君が居て 在りの儘の僕が居た
[PR]
by betorium | 2004-06-21 20:29 | 詩(読者選)