<   2004年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧
徹夜

徹夜には徹夜の(三日目)
アヒルにはアヒルの(ふと思い浮かんだ)
理由があって(なんだっけ)
だからもう寝る(こっくり)
もう眠る(御免なさい)
[PR]
by betorium | 2004-09-29 00:02 |
折り返し地点

気が付けば成増
慣れない電車
東武東上線
降りるべき駅が
通り過ぎ遠ざかる
折り返し地点だね
成増。
[PR]
by betorium | 2004-09-28 23:31 |

そのひとは
そのひとにとっての形態を見つめている
何かにひっかかるように宙を見つめている
僕にはわからない聞こえない思いで
震える指先でなぞって話している
[PR]
by betorium | 2004-09-27 00:27 |
二列縦隊

きれいな二列縦隊で
渡って来るヒト
男らしいらしい
女らしいらしい
渡って来るふりふりの
プラナリア
ちぎってもちぎっても
二列縦隊の兵列
[PR]
by betorium | 2004-09-26 00:25 |
彼岸花

靴の重みに
沈む 心の窪みを 見つめながら
ふわりと飛んでしまった
のだろうか 思いを
切ってしまった きみが
それでもう 眠れてるの と
呟いてしまった 笑ってしまった
彼岸花
風と擦れて 苦味が溜まる
もう引き返せない この足跡を
きみにも 辿ってきてほしかったが
重みの無い もう映らない足跡だから
ふわりと飛んでしまっている
のだろうか 窪みの淵を 舞って
いるのだろうか
[PR]
by betorium | 2004-09-24 22:32 |
急カーブ

大気の流れのような
根気が必要な時

緩やかな急カーブ
まっすぐなような
急カーブ
[PR]
by betorium | 2004-09-23 21:31 |
両思い

問い詰めるキミ
問い詰めるボク
与えるものは無く
奪えるものも無く
片思い合う両思い
[PR]
by betorium | 2004-09-22 00:30 | 詩(読者選)
往復書簡

小さな黒点に
集まる光格子
インコの爪が掴んだ
空中ブランコは
揺れているだろう

電話の向こうで
往復書簡
開いて閉じる
羽の音カサリ
[PR]
by betorium | 2004-09-21 01:48 |
水平線

なんてすてきな
くそまじめ
波頭を芝刈り機で
刈り取ります
刈り揃えます
まっすぐに
水平線のために
水平じゃないので
[PR]
by betorium | 2004-09-20 00:43 |
絵画

売約済みの札付きの
寂しそうで幸せそうな
美しい絵画
額縁を指でなぞりながら
絵描きが父親のように
話してくれた
誇らしげで温かい
この絵画の未来を
[PR]
by betorium | 2004-09-19 00:46 | 詩(読者選)