<   2004年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧
帝国

支えるべきものが満ち
支えられるべきものが追いやられ
帝国の空間はいつでも
柱ばかりで占められている
[PR]
by betorium | 2004-10-31 23:05 |
書き足し

待つばかりで
心の果てに書き足し
[PR]
by betorium | 2004-10-30 18:54 | 詩(作者選)
ヘルメット

泥畳に悔しさの足跡
ひとつ振れふたつ振れ
長押の歪みに座る
ヘルメットの朝露が
[PR]
by betorium | 2004-10-29 22:57 |
板チョコ

甘くて苦い 板チョコサーファー
塩辛い波 軽々と
[PR]
by betorium | 2004-10-28 20:27 |

過去の中に草が生え
取るに足らない草が生え
未来の中に草が生え
暮らすに足りない草が生え
そう言いながらも水をやり
そう言いながらも今が生え
草が生えて草が生え
土壌崩れて草が生え
[PR]
by betorium | 2004-10-27 00:08 | 詩(読者選)
境界

自由な魚が泳いでいる
波打つ境界の向こう側で

傷つけ合った魚が浮んでいる
ふたつの世界のせめぎ合いの挟間に
[PR]
by betorium | 2004-10-26 00:07 |
路地

ニガリに曇った山吹色の朝に
掌にかしめたアルミホイルの鈍色と
半分ちぎれた青い足音が溶ける
追憶の路地には今も打ち震える花々
[PR]
by betorium | 2004-10-25 20:35 |
薄皮

薄皮を重ねれば重ねるほど
透明度を増す不思議な年輪
そのうち届くと思うよ
太い幹は空気に溶けて
葉っぱは自由に舞うだろう
[PR]
by betorium | 2004-10-24 19:06 | 詩(作者選)
ラッキョウ

硝子瓶の中にラッキョウ
この世の中に母が漬けた
[PR]
by betorium | 2004-10-23 20:15 | 詩(作者選)
小径

小径のわずかな傾きを
じっと睨んでいる子供
木漏れ日を浴びて
少し冷たい風に吹かれて
[PR]
by betorium | 2004-10-22 15:03 |