<   2007年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
古い悲しみ

新しいページの中に綴じ込んだ
古い悲しみが押し花のように積もる
[PR]
by betorium | 2007-05-22 01:24 |
静けさを維持できる最低の経済

静けさを維持できる最低の経済とは如何程のものか
時の匂いに足を止め、
瞼の裏であかりを感じ、
届けられた小包の結び目を観察する、
その心持ちを維持できる最悪さとはどれ程のものか
[PR]
by betorium | 2007-05-20 02:36 |
グッピー

グッピーのこまぎれが
静脈瘤の濁り水の中にいる
飼い主は
いるのだろうか
死んで、いるのだろうか
このちいさく突き出た納屋の
壁に凭れて
甘くみて
無理をして
固い背凭れのような
背中とともに
[PR]
by betorium | 2007-05-15 01:16 |
うぶ毛

怠惰で急進的な団体の一行が、うぶ毛を剃って整列している
切り捨てられたうぶ毛は足下できらきらと光りながらそよ風に乗り込み、
やがてかれらを追い越して行った
かれらの心は脈を打ち今でも遅延の原因を探っている
[PR]
by betorium | 2007-05-12 02:06 |
冷えて眩しいもの

冷えて眩しいもの
孤独が暖めるもの
空き瓶の中で夜が明ける
炭酸水の泡の夢跡
沈んだ筈の陽の記憶
[PR]
by betorium | 2007-05-06 21:59 |
辞書

数カ国語のしっかりとした辞書が陳列されている、その棚のある都会のすぐ隣には暗闇があり、巨大な天の川が縫い付けられている。
兎のような犬を連れた異邦人が仰ぎ見て、恐れ入りながらもその流れに異議を差し挟むのだが、何も変わらぬ希望あるいは絶望の雫が、そのミシン目からこぼれ落ちつづけている。
[PR]
by betorium | 2007-05-05 22:21 |
ネグセ

復誦してみる
朝のわたしの頭に生える
ネグセのクセをひととおり
[PR]
by betorium | 2007-05-03 00:02 |
仕事場の収容人員

雑魚寝なら 
八人位 
泊まれます 

作業スペースにふたり
打ち合わせスペースにふたり
キッチン前にひとり
玄関にひとり
コンクリートテラスのテントにふたり


+++
ksksk312さんピックアップブロガーの記事の中で「東京で遊びたい」と書いていらしたので、わたくしの仕事場に何人のksksk312さんが泊まれるか数えてみました。8人ぐらいならOKです。よろしければぜひどうぞ。
[PR]
by betorium | 2007-05-02 22:22 | 色々