<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
忘れる

低音で吠え笑う犬。道端で左後ろ足を振り上げながらこちらを睨む。しっぽがどうなっていたのかは憶えていない。無かったかもしれない。つよいコントラストの物陰で、ホルンとかそういうなまえの音が、緩やかさを強調しながら震えていた。それは犬のなまえだったかもしれない、おしっこの音だったかもしれない。何人もの犬どもが街の連結器のうえを千鳥足で通り過ぎていくのに、そいつはたった一羽の私を見ながら、わざわざ嘘を吐いたような気がした。嘘ではなく強調だったかもしれない。いろいろとよく忘れる。本当に。聞かずにそのまま飛べば良かった。
[PR]
by betorium | 2007-06-23 00:46 |
桂馬ステップ

ぐらりときてるが構わず跳ぼう
次の一歩は桂馬ステップ
[PR]
by betorium | 2007-06-12 22:38 |
モノクローム

テレビに足が生えていた
モノクロームの球児たちが兵隊のように歩行するのをながめていた
乳歯が抜けて生まれた欠落を舌で確かめながら思った
屋根の上で音をたてそれからどうなったのか
いくつの白い欠片がそこでうずくまっているのか
テレビの突起をつまんで捻るとひどくガサツな音がした
一瞬星空を映し出したあとに
痩せた侍が人を斬っているところだった
[PR]
by betorium | 2007-06-09 01:46 |
この日

この日が暮れる前に家に帰り着けそうな幸福
川のせせらぎの音にはまだ日射しの匂いが残っている
電車がサラリーマンの気配を運んでいるうちに眠ろう
九時には眠ろう
[PR]
by betorium | 2007-06-06 22:17 |
ぬかるみ

沈殿物の腐った匂い
ぬかるみにはまり
オレンジ色の球体を拾う
葉縫い鳥に頼みたい
雨期と乾期がとってかわる
春や秋をつなぎとめ
[PR]
by betorium | 2007-06-03 22:50 |