<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
私の耳は生えている

私の耳は生えている
奇妙な身体
やがて恐怖が苦しみのなかに投げ出され腐りはじめた
朽ち果て残るものは何だ?
[PR]
by betorium | 2009-09-25 01:30 |
山の向こう

山の向こうで花火がなっている、遅れて、赤い閃光が闇雲を照らす。風が吹いて静かになると、こおろぎのなきごえがきこえてくる。夜があければ、透きとおったさいごのせみがなきはじめる、はじまりの、あきの、くうきに浸かって、
[PR]
by betorium | 2009-09-25 01:09 |
まぶたが乾く

まぶたが乾く、眼球に貼り付く、 もうひとつの足音、 影付きの響き、

グミを前歯で噛み切ってその噛み跡のなめらかさを確認する。
当たり障りの無い感触が、返って危機感を煽り、ぼくにここでこうしようと決めさせる。
草むら、叢、草叢。くさむら。草刈り機エンジン、の音。が回る。

(杓子定規に刈り払うのは刈り払う音。)

ことしもまた。いつものとおり。排気ガスの匂い。くさほこり。狸棲む、この叢。
撹拌、最中、最後。初、始、沈殿。沈殿してからのはじまり。

(スターリングエンジンについて。エンジンについて、)

吊革が揺れる度、月が夜空にへばりついた。列車の窓の硝子が割れて、雨水が青い糸をひいた。

むすびめは五角形。
もうひとつの足音、 影付きの響き、まぶたが乾く、眼球に貼り付く、
[PR]
by betorium | 2009-09-12 23:03 |
はじめました。
はじめました。
今は書けない詩じゃなくて、今はやりのTwitter
よろしければフォローしてやってください。
意味不明思いつき断片を書付けようとおもいます。
blogにはちょっと載せにくいへなちょこなものも、そちらではちょうど良いみたいです。
そのうち詩に変わる事を願いつつ。。。
[PR]
by betorium | 2009-09-04 03:37 | 色々