タグ:シャッフル ( 6 ) タグの人気記事
こっそりぬけて電話した(080726〜080811)

こっそりぬけて電話した 少し片付けた
店主は食事中だった 仕事をひとつ断った
暴君ハバネロ・ガーリックペッパー味を食べた
無理難題が並んでいる 複雑すぎる
納豆を買った カーペットタイルの上を裸足歩行

文字を追うのが億劫だった 夕涼み
荷物を全部捨てたいと思った
判子を押してもらう ビーチサンダルで歩き回った
大きな模型を見た またかみなりが鳴った
電池切れ 久しぶりに落ち着いた
先を越された 涼しかった森が懐かしい
卵を買った 早い夕飯だった

最終電車にも乗った パスワードを変えた
弟一家が訪れた 夜中の今でも蝉が鳴いている
あいだのことは忘れた
新しいカメラを買おうか考え中
大きく緩い振動 朝飯多めで夕飯抜き

柔軟体操をした 地下道の湿った光
花火の音がしていた
味付海苔を買った いろいろ面倒だった
サービス券が5枚たまった
サンダルの音が鉄骨に響いた
左肩から右肩へ移した カメラ購入決定
たこ焼き屋の発電機がいつまでもうるさい

今度は九つに分けてから四つを割り当てた
DVD-Rを焼いた 新しいカメラをずっと触っていた
早朝の満員電車に乗った じっとしていた
電車の天井ばかりが気になった
15分早めにアラームをセット 明日は早起き
キャンセルの知らせが届いた
蒸した 真っ黒だった
[PR]
by betorium | 2008-10-14 01:06 |
気がつく前触れのようなもの(080705〜080725)

気がつく前触れのようなもの 三度顔を洗った
酢漬け紅生姜が一袋あまった 音を消して読んだ
祝日だったことにさっき気付いた 自分で指圧してみる
水を飲みに二度戻った 機械的な思考のうちに一日が終わった
ひまわり2メートル 隣にあかんぼうが座った

スリットから熱い空気が吹き出ていた 傾けたり撫でたりした
少し大きめで聴いた 葉っぱはのこり三枚 雷が鳴りだした
カルボナーラに大量の黒胡椒をふりかけた 途中下車を二回
アップデートした 文末にS このまま枯らせば腐らない
蛍光灯の光を浴びて気分が滅入った 迷えばいつも塩豚カルビ丼
ドタバタしていた 夕食はとれなかった 息が切れるほど走った
今年になってからまだ海を見ていない

懐かしいジタバックのモデルが出てきた 暑中見舞いが届いた
型がつくと逃れられなくなる 今日の分を明日にのばした
うっかり英語で入力後かなキーを二回叩いて驚いた
葛飾区と厚木市 地下鉄の中で聴くのは困難だった
ミニレフのかわりがない 五階建て倉庫の屋根に草が生えた

タバスコを買った 2010年をみた カップラーメンで済ませた
MOMAで吉本キューブを発見 久しぶりの炭酸水をのんだ
荷物を忘れてとりに戻った 最終電車の網棚の飴色
下をくぐるための最低の高さ なんとなく元気だった
僕は在野の人なのであった 静かに手で描いた
レフ型電球につけかえた そうめんを食べた 湿り気との葛藤
朝食を久しぶりにとった 赤い太陽が浮かんでいた

貧乏揺すりをわざとやってみたら楽しかった
頭の中の熱気をクーラーで冷やした 運転したい
よっつのエリアに分けた 時間をかけるときれいに剥がれる
スロープとスロープとを絡み合わせた
地下道の平面を絵に落とした 補聴器→駅そばの看板
電球型の蛍光灯をみっつ用意した 盛夏だった
目の前の現実の方が未来的にみえた 一日が二回あった
[PR]
by betorium | 2008-07-26 19:36 |
朝方油断した(080616〜080704)


朝方油断した 醤油の雫がシャツに付着した
閉店間際の洋食屋に入った BlenderをDL
ひとり暮らしの親戚が入院していることがわかった
イヤホンの音より電車の音のほうが心地よい
時間は流れるものなのか疑問だ まだ大丈夫だった

涼しげな通りを歩いた サービスの鉄鍋餃子の量が多かった
焼き肉屋に行列で入って行く人たちを見た 大股で歩いてみた
筋肉痛だった ゴジラのうしろを通過した 腕立て伏せ二十回
ルービックキューブをやってみた 半ズボンにサンダルで外出した
リュックサックを扉にはさまれて笑っているひとをみた
キャンプでつかったカップでコーヒーをのんだ
微細な変化を感じていたかった ALWAYS続三丁目の夕日をみた

毎度のことながら次の仕事のあてがない そろそろまとめないと
ラーメン屋の定休日をまちがえていた 久しぶりのボリューム出し
震災建築物応急危険度判定講習会に申し込んだ
家計簿シートをつくってみた タイムマシンがエラー表示
外に一度も出なかった だれにも知らせていなかったらしい

近道したら遠回りだった 寝過ごしかけた 正方形なことば
Vectus-ImageToolsをDL 追って腹筋二十回
同じ靴ばかり履いている 鳥の唐揚げ弁当は何羽分?
よこのものをたてた 床を水拭き お先に失礼した
出先のCADソフトがライセンス数オーバーで開けなかった 
スティーブ・ライヒ特集をテレビでみている
かなばかりということばは一般的でない

なかなか発車しなかった うな丼と冷やし蕎麦のセット550円
レトルト大盛り麦ご飯 反復横跳びをやってみた
バブルの頃を思い出した 家計簿シートを修正した
朝から何も食べていなかった 下水管の掃除に立ち会った
ニライカナイからの手紙をみた だれもいない実家で昼寝した
iモードの契約を解除した 熱いままか冷ますべきか迷った
葉っぱが萎れ始めた 緑色の枠は共有の印だった
[PR]
by betorium | 2008-07-05 06:44 |
雨の中を自転車で帰宅する人(080524〜080615)

雨の中を自転車で帰宅する人 丸い輪郭 桜が深い緑色
シクラメンの花はあと二輪 木陰にだけ大粒の水滴が降った
壁際に熱がこもっている シャワーのホースがもげた
満腹感が気力を削いだ 反転させてもいいことはない
縁がない、いろいろと 梅干しみっつでお茶漬けにした

洗濯は明日にしようと思う 15分早く外出した
ひさしぶりのビール 昔の記事を読み返している
なんとなく脱水症状 どれを捨てようかと考えている
飲料水をミネラルウォーターに変えた 半ズボン、ほどではない
風邪をひきそうな予感 上の階から音が伝わってくる
生まれたとき以来の荷物が並んでいる 駅のまわりを二周した
車が帰ってきた 昼寝した 喫茶店でやまかけ丼を食べた 

地方税額の通知っていつ届くんだろうか? 淋しい刀削麻辣麺
R&Bのプリセットで聞いてみる 浄水器のフィルターを注文した
髪を短く切った 洗濯物は半袖ばかりだった
少し肩凝り とにかく掃除だとは思う 納税通知書が届いた
荷物が多すぎる 本をどこかに置き忘れてきた 混雑前に到着

水の感触 早歩きのコツ 左耳と右耳の角度
忘れそうな事柄をやはり忘れた 少したりない
意味、だから、壊れているといえる 急行電車が通り過ぎた
青く光る看板の下をくぐった エレベータの着床階を赤く塗った
矢印は紫色と緑色だった 真とか本とかふりかざし
尺取り虫が葉っぱを食べてる 一ヶ月分の定期券を買った
シャワーヘッドと蛇口を交換した 夕方まで眠っていた

うぐいすのさえずりを聞いた カフェオレを三杯飲んだ
世界という心象について 寝不足気味
遮断機の警報音 日課の確認 バジルを補給 土壇場で柱
アイスクリームがうまかった 今は花のそばで枝のふりをしている
訪問先のカーペットタイルが湿っていた 間違い電話
シクラメンの葉っぱ ミネラルウォーターが安いらしい
半袖に日向 しかくいところのまるいかど
[PR]
by betorium | 2008-06-16 01:34 |
少し待った(080501〜080523)

少し待った 夏越しについて少し調べた 奇跡的な乗り継ぎ
魚っぽい動き ノスタルジアが無かった
何が食べたいのか答えられなかった 最終電車に乗った
300ではなく30 古くて重いトランシットが倒れた
とかげがたくさん現れた これは種なのだろうか?

広々とした平面にたくさんの窓 Eclipse
あちらこちらを廻ってみた あるいは匙加減
ホテル・ハイビスカスが無かった ぐるりと遠回りした
せなかあたりが涼しい 枕カバーが行方不明
トラップに水を満たした 水の中にも雲の中にも温度がなかった
さびっぽい 釣り銭を受け取り忘れた アスファルトの色について
レンタルがなかったから購入 乳母車のうしろに並んだ

安心して居眠りできる 近道をしたら懐かしいような匂いがした
靴の具合があまりよくない 昼も夜もパスタを食べた
車検は来週 弁当屋は無事だった かびっぽい 多摩川が明るかった
ガラスが割れる音を聞いた 探し物は見つからなかった
枯らせて休ませる方法 袖口が引っ掛かる 交換したい

宅配便を受け取り損ねた 今年の花は長持ち 恋愛映画をみた
レバーハンドルに引き止められた 駅蕎麦は大概美味いと思う
シクラメンが種を土の中へ押し付けている 車検に出した
出掛けたが仕事が無かった 騙し騙し葉を残す方法
引きちぎられた鉄管 ビルの壁がそそり立っていておそろしかった
タイムマシンを試した シーフード味が好き 呼吸音楽
夏というより雨期と呼ぶべき時代がやってくる ことごとく無かった

高い天井の下に丸テーブルがあった 地下道はいつもとかわらない
苺色の夕日、赤について考えた ランチのために電車に乗った
凡そ70倍の新しい速度 蓋をあけて蓋をしめた
ぬれた靴がきゅっと音をたてた 初心者向けの本を買った
20年ぶりの新品 なかったものがとても多い
心音音楽 十二面体を崩した
蛇口が脱落 水たまりを久しぶりに見たような気がした
[PR]
by betorium | 2008-05-24 01:27 |
まだ雨が降ってる(080417〜080430)
まだ雨が降ってる
影が静かで明るい
荷物の隙間をすりぬけた
実家の風呂にはいった
コンピュータはまだない
ひとつキャンセルした
知らないところから荷物が届いた
前を歩くだれかのかかとをクリップ
ふきだしてきた葉っぱの緑が若々しい
please, return to yoyogiuehara, and のりかえ for shinjuku.
実家にネットがつながった
病気になったとメールが届いた
this train does not go to shinjuku.
繋げたり切ったりもした
通じたみたいでよかった。
日曜日だ
遠距離の電話代を気にしなくていいというだけで十分なようだった
そこで考えが目詰まり
貼ったり剥がしたりした
野菜ジュースを飲んだらぴよぴよと鳴った
わすれそうな灯りをクリップ
今日にクリップ
信号が青に変わらない
ニボシスープを加えた
傘をさすのがめんどうだった
途中下車しようか迷ったがまっすぐに帰った
地下鉄のホームへおりる階段に突風が吹いた
傘をささなかった
横断歩道をわたった
喫茶店ランチ中に携帯着信
とても古い記憶
ひとつ注文した
ほっとした
夕寝した
古本を二冊買った
つけめんを食べた
ダンボール箱に書類を詰めた
賑やかなのは好きだがじっとしていたかった
ねすごしそうだったが大丈夫だった
とてもよく歩いた
連休中、どうしようかとも迷った
ほっとした
洗濯物が乾かない
庭は砂地だった
海の傍の松林の裏
[PR]
by betorium | 2008-04-30 23:35 |